www.ertugrul.jp : Japonya'da bir Osmanlı Gemisi

Ana Sayfa-Home | DESTEKLEYENLER-SPONSORS | HAKKIMIZDA-ABOUT US | İLETİŞİM-CONTACT | 日本語 |

軍艦エルトゥールル号 海洋発掘調査プロジェクト




エルトゥールル号とは?

 エルトゥールル号とは和歌山県串本町・大島沖で座礁したトルコの軍艦です。
1890年、明治天皇への表敬訪問使節団として、軍艦エルトゥールル号に乗船した海軍士官兵達が、日本へとやってきました。
 古く老朽化された船は、イスタンブールを出港し、途中何度も故障整備を繰り返しながらも、はるか離れた日本の横浜に到着します。
 明治天皇により手厚い歓迎を受け、日本とトルコの親善の役目を果たした使節団ですが、帰路1890年9月16日の夜半、台風により船は和歌山県串本大島沖で座礁してしまいます。550人もの命を奪った大惨事でしたが、地元大島の貧しい漁村の漁師や村人達が、自らの危険を顧みず必死の救援救助を行い、69人が無事生還しました。その後も村人による献身的な救護が施され、日本全国から集められた義捐金により無事、トルコ本国に送還されたのです。
この実話はトルコ国民の間で語り継がれ、日本人に対する信頼感と親愛の念はゆるぎないものとなりました。現在でも、大の親日国であるトルコの国民になぜ日本人が好きなのか聞くと、「日露戦争にて大敵ロシアを打ち破ってくれたこと」「勤勉で誠実な国民性で急速な経済成長を果たしたこと」などに加え、このエルトゥールル号事故での人道的な救援救助について話してくれます。トルコの国民は、昔の日本の村人たちの恩義を決して忘れていないのです。


エルトゥールル号遺品海洋発掘調査プロジェクトとは?

   

 エルトゥールル号海洋発掘調査プロジェクトは、トルコ海洋考古学研究所と、YAPIKREDI EMEKLILIK保険会社との主導による、海洋発掘調査事業です。軍艦エルトゥールル号が座礁した和歌山県串本町・大島沖の海底を発掘し、船に関わる遺品を引き揚げ、海洋考古学の見地から保存処理してゆきます。
 私たちの目的は、
トルコ国内でも非常に関心の高いエルトゥールル号の事故について詳しく調査すること、またトルコ・日本両国の友好の始まりとされる、この美しい歴史の象徴として、海底に沈んだままとされている船員達の遺品や遺骨を少しでも多く引き揚げ、
後世に伝えることです。
この事業は地元の人々の参加と大きな支援・協力により2007年より本格的な潜水発掘調査を実施しており、現在まで船に関わる3000点以上の遺品が発掘されました。また、潜水発掘や保存処理作業には、数々のボランティアの人達が参加しており、両国の絆を深める温かい交流事業となっています。

  

プロジェクト・メンバー 現場より(赤木正和ブログ)   PHOTOS   朝日新聞掲載記事

Special Thanks
  Contact

<< önceki İLETİŞİM-CONTACT | |